【重要なお知らせ】営業日の拡大&授業方針

【営業日の拡大について】

◇現在、水曜日は休業日としていますが、6月1日~高校入試まで水曜日を営業日(中高生通塾可能日)とします。

  水曜日 15:00~18:00(授業はありません。)(山王中)ふれあいデーの場合は開始時間を14:30~にすることがあります(その場合は事前に口頭・HPでお知らせします)。中総体後の中3生や、ふれあいデーの中1・2生は学校帰りに直接通塾し30分・1時間でも集中した学習を行ってください。

◇小学コースの通塾選択日を火・金から月・火・木・金に拡大します。

【各コースの授業方針】

(1)小学コース

全ての科目の土台となる国語力の強化として毎回ハイクラスドリルの読解演習を行い、要約にも取り組みます。更に英語の音読、個々の事情により宿題や漢字・計算ドリルも行います。

(2)中学コース

・定期テスト対策期間までは英数理の教科書の先取り授業をメインに行います。数学は巻末問題含め教科書全問題を一緒に解き、英語は全文和訳読み合わせを行い、理科はワークの1問1答を行います。英数は、全学年とも年内に、特に中3生は10月前後には教科書を終了する予定です。よって中3生はそれ以降は受験対策に集中します。ただし途中入塾者にはハンデがないように個別に補習を行います。学校の授業は復習の場として漠然と参加するのではなく、時間中に英単語・英文・数学の解法などを全力で暗記し定着させて下さい。

・国語は授業で得点源となる文法・語句・古文漢文基礎知識について触れるので家庭学習ノート等に知識を整理し必ず定着させてください。

・中2・3生には全員に対して1回問題数30題以上・合計50回分の英語標準問題をマンツーマン(もしくは集団授業で)チェックします。問題数で軽く1000題は超えますが、授業と並行して、これを完璧にやり切ることで全員、英語を絶対的な得意科目にしてもらいます。当塾は英語が苦手で入塾する生徒が多いですが高校受験本番では毎年塾生平均は80点以上、昨年度は英語が難化しましたが当塾の得点率は約9割でした。

・社会については中3生は実テ範囲にあわせて、中1・2生は定期テスト範囲にあわせて対策授業を行いますが、各自で全科目教科書音読とワークをどんどん進めて下さい。

(3)高校生コース

タブレットを有効に活用ください。勉強以外の動画視聴禁止とします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です